• Top
  • クリニジェンについて

クリニジェンについてAbout CLINIGEN

Clinigen Group plc(クリ二ジェン・グループ)は、英国バートン・オン・トレントに本社を置くスペシャリティ医薬品企業です。
*2012年9月25日、London Stock Exchange(新型投資市場・Alternative Investment Market)に上場*

高度な医療水準への貢献を目的とし、新薬とライセンス前の医薬品の供給展開ビジネスを見据え、2010年に”KeatsHealthcare” ”Clinigen Clinical Trial Services” ”Clinigen Global Access Programs”を統合し、”Clinigen Group plc”として設立されました。
また更なる事業拡大とグローバル医薬品市場の動向を見据え、2015年4月に”Idis Group Holdings Limited米国”の買収に成功し、新たな医薬品の供給システムを確立させ、更に同年9月にオセアニア、アフリカ、アジアの3拠点(AAAregion)での確固たる地位を築くためオーストラリアに本拠地を置くLink Healthcare社 の買収に成功しグローバルでの医薬品供給事業に大きく影響を与えています。

この度、日本での新規事業展開の為、2016年4月 Clinigen Group plcの100%子会社であるクリニジェン株式会社を設立、新規事業開始として”抗ウイルス化学療法剤 「点滴静注用 ホスカビル注24mg/mL」”の製造販売をノーベルファーマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:塩村 仁)からクリニジェン株式会社に承継しました。
クリニジェン株式会社はこの承継を機に日本の医薬品市場に新規参入し、医療用医薬品分野で医療と健康に貢献します。

Clinigenが掲げる【DELIVERING THE RIGHT MEDICINE TO THE RIGHT PATIENT AT THE RIGHT TIME】を実現するために、正確、且つ各国の法に則って自社のグローバル・ネットワークや独自の物流システムおよび業務コンプライアンスを構築し、単なる収益の追求にとどまることなく、クリニジェンの存在そのものが医療現場や社会的に必要なシステムおよびインフラになることを目指しています。

※必要な医薬品を必要とされる患者様と治療に従事される医療機関の皆様へ提供させていただくこと目指します。

2010年のスタートからこの6年間で飛躍的な成長を成し遂げ、2016年9月28日時点、£339.9百万(479.25億円・2016年6月30日付)の売上となり、いま尚成長し続けています。